ROVER P4 60と100

先日のイベントでお隣はローバーP4の100

外観の見た目はそっくり。

いえいえ、ほぼ一緒。

 

P4/100 の年式は1961年

P4、95・105の後継機種としてエンジンがパワーアップされ

馬力はなんと100mph・2,600ccのエンジン

吸気側はオーバーヘッドバルブ、排気側はサイドバルブといった
エンジン構造で16,500台余りが製造されました。

6気筒のエンジンはエンジンルームいっぱいでした。

 

当方のP4/60は4気筒の2000ccエンジンで、製造台数は1万台弱
(5ナンバー登録です。)

馬力はわずか60bph

それでも高速道路は100km+α(2~3割増しで巡行出来ます。)

下はP4/100のエンジン

こちらはP4/60のエンジン
ラジエターとエンジンの間にはかなりの隙間があります。

このエンジンの違いで車両重量が110kg違います。
(1.5tを超えるか超えないかの境目)

この影響はハンドリングに大きな影響を与えていて、60馬力と非力でも十分ドライビングを楽しめる車です。

後部座席の乗り心地重視の車と思いましたが、想像していた以上に動きの良さにビックリしました。

P4の60~110まであるレパートリーでボディサイズはほぼ一緒。

あとは使い勝手とエンジンとのバランスを考え車両の選定。

パワーだけではない扱い易さ、調整のしやすさの4気筒に魅力を感じてます。

 

まだ、まだP4は輸入してくることも可能!

興味のある方は是非現車を見に来て下さい。

写真では伝わらない魅力があります。

 

(株)バンブーシュート
有山 勇人
神奈川県横須賀市岩戸3-38-3
電話046-884-9359

 

 

 

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2023 英国車 モーリスマイナーのお店、店長ブログ. All Rights Reserved