北欧紅茶〜バーノン・モーリス氏の軌跡と奇跡〜

 

ノーベル賞授賞式晩餐会で出される紅茶
 スウェーデン王室御用達”北欧紅茶”

英国を初めとする数々の有名紅茶メゾンのブレンドを生み出した世界屈指のブレンダー、バーノン・モーリス氏の独自の紅茶哲学から生まれたハンドメイドのオリジナルブレンドティーです。全ての素材は天然にこだわり、上質な茶葉と貴重な天然ハーブ、フルーツや花々を使用し、今もなお、一つ一つハンドメイドで丹念にブレンドされた、いわば”オートクチュール”の貴重な紅茶です。大量生産せず、作りたてのブレンドティーを空輸で日本へ…。極上の香りと優雅なひとときを味わえる、至福の一杯をお届けします。

 

北欧紅茶商品はこちら

 

〜バーノン・モーリス氏の軌跡と奇跡〜

北欧紅茶においては、バーノン・モーリス氏を語らない訳にはいきません。

 スリランカの最高級紅茶輸出商の子息として生まれたバーノン・モーリス氏。彼は幼い頃より紅茶とともに成長し、またその歴史とともに歩んできました。彼の生家は現在でも無農薬や低農薬など、最高級のセイロン紅茶を世界80カ国近く輸出しています。

10代の頃から本格的に紅茶のルーツを学び、紅茶の基礎を学び、20代から30代にかけては、さらにブレンドの技術をさらに磨くために、その後の紅茶文化のメッカとなったイギリスへ渡りました。そこで類稀なる才能を発揮し、イギリスでの研究は紅茶のみにとどまらず、日本茶や中国茶も含めた茶全般になり、さらには葉巻のブレンドを手がけました。つまり、彼自身の探求は、葉や花などの自然素材そのものに広がって行きました。もともと土壌が豊かな南方の国で育った彼自身の自然の恵みとのハーモニー。それから、そこに花々や香りを加えることにより現在のブレンドの数々に見られる「葉」「花」「香り」の融合となり、素材に対しての幅広い知識を必要とする彼のブレンドスタイルの原点が構築されました。

当時のイギリスで彼の新たな転機となったのが、当時のスウェーデン国王子(現国王カールグスタヴ)のイギリス訪問でした。当時の王子は、スウェーデンにはない「紅茶」という初めての飲み物に感激し大変魅了され、モーリス氏をスウェーデン王室に招聘されました。スウェーデンへ渡ったモーリス氏は現在のセーデルブレンドをはじめとする彼のオートクチュールの紅茶を生み出すきっかけとなったのです。その後、スウェーデン王室より「King of The TEA」の称号を授与され、紅茶の伝道師として、隣国のヨーロッパ王室にも愛飲されるようになりました。

 

 その後、彼の手がけたブレンドはイギリスのハロッズやフォートナムメイソンなどのオリジナルブレンド、スカンジナビア航空やベルギー航空などの航空機内オリジナルブレンド、米国マクドナルド本社などのオリジナルブレンドなど、360種類以上と言われています。

 

 彼の代表作のセーデルブレンドは、「世界初のフレーバーティー」として当時のギネスブックにも登録されました。当時、スウェーデン王室の非売品として各国の王室や皇室への贈答として愛された「セーデルブレンド」。彼のオリジナル・ハンドメイドの作品の数々は、40年経った現在でも世界各国で愛され続けています。

 

北欧紅茶はこちら

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2023 英国車 モーリスマイナーのお店、店長ブログ. All Rights Reserved