オックスフォード、予想外の日帰り修理

登録から一年間が過ぎたオックスフォード。

image4 [2274645]

扱い易さと快適さで乗るほどに感心させられます。

1965年製で既に半世紀が過ぎた車両、ここ2、3日
エンジンの始動が悪くなっていました。
(症状その①)

寒くなって来たからかなどと思いつつ車で5分ほどの事務所に
向かいます。
振動も少し大きく、エンジン音がスムーズで無い。
(症状その②)

そして、白煙をモクモクとマフラーから噴き出すようになって
しまいました。(決定的な症状その③)

 

「壊してしまった。」

 

かなり重症かもしれないと思いつつ

レッカーを手配して、ガレージ・グレースへ搬入

 

ガスケットがとんでいました。

fullsizerender1092

エンジン内部にも冷却水が回ってしまいました。白煙の原因は水蒸気。

確かに白煙の匂いにラジエター液特有の匂いが混ざっていました。

燃焼室の水を抜き、マニホールド外し、エンジンチェック。そして、
ガスケット交換を行います。

相変わらずの早い作業。

《この早業を垣間見ることが11月12日(土曜日)開催の

横浜ヒストリックカーデイで見ることが出来るかも知れませんよ。》

 

その後、水分を取り込みやすいオイルで念入りにフラッシング。

これは白煙が取れるまで時間が掛かります。

それでも、まさか日帰修理とは・・・

修理後のエンジンは今まで以上に静か。以前から少しずつ
症状が出てたんだと思います。

ヘッドの破損など大事に至らず良かったです。

 

以上を感じた場合、無理に走らせず、レッカーなどをお勧めします。

JAFや保険の内容を確認して、どれだけ保険料が変わらずにレッカーが
利用できるかを知っていると良いと思います。

 

モーリス・オックスフォード

思った以上にタフで楽しい車です。

 

その他、もうじきモーリス。マリーナ、などが塗装工程から
帰って来ます。

その時は写真をアップします。

ご興味のある方は、早めにご連絡下さい。

 

(株)バンブーシュート
有山 勇人
電話046-884-9359

 

 

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2022 英国車 モーリスマイナーのお店、店長ブログ. All Rights Reserved